まった〜り資産運用日記

資産運用で日々学んだことや気づいたことなどを発信します

【欲求の4タイプで分かるあなたと他人 人生の法則】家族や職場など人間関係を円滑に進められるようになる本

先日、突然嫁さんから【欲求の4タイプで分かるあなたと他人 人生の法則という本が面白いから読んでみてと言われました。

 

嫁さんは小説などをよく読んでいるのは知っていましたが、まさかこの手の本を勧められるとは思っていませんでした。

なかなかないことで、せっかくの機会なので読んでみることにしました。

 

結果、めちゃくちゃ面白かったです。

内容としては、欲求について人間は大きく4つのタイプに分けることができ、そのタイプごとに傾向を小説形式で分かりやすく教えてくれると言うもの。

同じ事象に対して4つのタイプの人がどう感じるのかを小説形式で説明してくれるので、

「こんなにもタイプによって受け取り方が違うんだ」

と、タイプの違いがあるというのがとても分かりやすかった。

 

簡単なテストが最初にあり、その結果により自分がどのタイプなのかを先に教えてくれます。

ちなみにこの本は大阪芸術大学で行われている大人気の講義内容を書籍化したもので、250人入る講堂が満員になるほどだそうです。

 

本書で紹介する4つのタイプとそれぞれのタイプの簡単な特徴をまとめると以下のようになります。

4つのタイプ※本書より引用
  1. 司令型・・・リーダー、指導者タイプ。頑張り屋、常識人、しっかりもの。社会的地位や序列を気にする。向上心があふれる努力家。数値目標をもとに行動レベルに落とし込む。
  2. 理想型・・・お金や権力に惑わされない職人や芸術家タイプ。理想を追い求め結果よりプロセスを重視。確固たる理想像に近づくことが喜び。正義感が強く頑固なこだわり派。
  3. 注目型・・・誰からも好かれたい芸能人やアイドルタイプ。情熱、熱意が大事。他人から注目されたい、頼られたいという欲求が強い。ムードメーカー。
  4. 法則型・・・物事の仕組み・法則を見出すことに喜びを感じる学者タイプ。常に一歩引いている。自分の本当にやりたいことはない。

 

さて私のタイプですが、司令型でした。

努力好きで、数値目標をもとに行動レベルに落とし込む。

まさに私です。

しかも読んでいると司令型は特に確固とした「これがしたい。」と言うような目的はないようで、人に指示を出すことに喜びを感じるらしいです。

これも当たってる。。

 

これまでなんとなく流されるままに大学を選び、仕事を選び、、、

と、特段「これがしたい!」という意志がなくやってきて、一時はそんな自分に悩んだこともありましたが、タイプ的にはこれで良いことが分かりました。

なんだかスッキリ。

 

司令型は、ある仕事のミッションを与えられたとすると、それに対するスケジュールを立て、チームに仕事を割り振り、目標達成にまっしぐらにチームを動かそうと指示を出しまくることに喜びを感じる。

それが私が属する司令型らしいです。

 

ドンピシャでした。

 

ちなみに仕事においては4つのタイプがバランス良く配置されていると、最強のチームになるようです。

理想型が確固たる目標をチームに与え、司令型がその目標を達成すべく具体的な目標数値、行動に落とし込んで仕事を割り振り、注目型がチーム全体のムードメーカーになりつつ仕事に熱量を吹き込み、法則型が適切な論理判断を下して物事を慎重に進めていく。

こんな感じで4つのタイプが特徴をうまく活かして、それぞれの欠点をうまく補填していければ、最強のチームが出来上がるそうです。

 

これがあるタイプだけに偏るとうまく行きそうにないのは想像できますね。

 

4つのタイプの図を再度掲載します。

4つのタイプ※本書より引用

自分と隣り合うタイプは自分も似たような傾向があるので大体理解できるようですが、対角線の人というのは全く理解できないようです。

 

そもそも理解できないなら、理解しようとしなくても良いんじゃね?

と考えると、結構楽になったりします。

 

また4つのタイプは単純なので、職場や家族を見ていると大体どのタイプか分かります(ちなみに子供でも親と同じタイプになるとは限らない)。

タイプごとの特徴を知っていると、考え方の傾向や扱い方が分かり、タイプによって対処の仕方を変えることができ、実生活にも応用しやすいテクニックになります。

 

結論としては、

  • 自分の個性を活かして自分らしく生きることが一番世の中の役に立つ
  • 職場では、自分の個性に合ったポジションの仕事を行う
  • 子育てに関しては、個性をフルに伸ばせるようサポートする

という感じで受け止めました。

 

興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。

 

じゃ。

 

資産運用についてHP風にまとめてます→くわにゃんの長期資産運用

kuwanyan.com

 

Netflix、Facebookの株価急落に感じる個別株投資の怖さ

ネットフリックス株が急落しました。

理由は過去10年間で初めて会員数が減少に転じたためだそうです。

これによって、株価は1日で35%下落、時価総額は7兆円も吹っ飛んだようです。

www.nikkei.com

個人的にはNetflix株には投資していないので影響は受けていませんが、実は同じようなことが今年の2月にメタ(旧Facebook)株で起きています。

この時は1日で26%の下落、時価総額はなんと27兆円分も吹っ飛んだみたいです。

このぶっ飛び金額はアメリカの企業の1日の減少幅としては最大だったようです。

 

世界のトヨタ自動車時価総額全体が35兆円なので、27兆円というのはとてつもない金額であるのが分かります。

 

私が投資しているメインはETF投資信託ですが、一部GAFAM(GoogleAppleFacebookAmazonMicrosoft)と言われる個別株へと投資しています。

 

よってFacebook急落時にはそれなりの損失をくらいました。

NetflixFacebookなどの新興IT株は成長著しいグロース株と言われており、投資家は未来の成長に期待して投資するため、株価が高くなりがちです。

 

両者の急落は赤字になったとかが原因ではなく、Facebookは減益、Netflixは会員数の減少です。

グロース株がグロースしなくなるという成長への期待が消滅した結果が今回の下落につながりました。

 

 

今回の急落劇を見てわかるように、個別株の怖いところは急落具合が半端ないところです。

NetflixFacebookの下落は30%程度でしたが、時にはゼロになることもあります。

これはETF投資信託、為替なんかではあり得ないことです。

 

参考にグロース株メインのインデックスQQQ(緑)、Netflix(青)、Facebook(黄)のチャートを重ねてみてみます。

インデックスであるQQQはNetflixFacebookの急落の影響をほとんど受けていないのが分かります。

 

インデックス強し。

 

じゃあ、なぜリスクを取ってまで個別株に投資するのか?

 

それはロマンがあるからです。

例えばNetflixに10年前に投資していた場合、以下のようになりました。

2012年に10ドルだった株価は2021年末には660ドルへ急成長しました。

株価は10年で約66倍、10年前に100万円投資していたら今や6600万円にも投資金額は膨れ上がりました。

 

ロマンですね。

自分だけのポートフォリオ、株価が10倍以上の値上がり。

このロマンは投資信託では得られないものです。

 

とはいえ、先に書いたようにリスクもあります。

ロマンを取るか安定を取るかは個人の価値観によるところがあります。

 

でも、せっかく投資するならちょっぴりロマンをポートフォリオに入れてみるのも良いかもしれませんね。

 

じゃ。

 

資産運用についてHP風にまとめてます→くわにゃんの長期資産運用

kuwanyan.com

 

9歳の息子投資を始める!父から息子へ2,637万円の贈り物?

f:id:kuwanyan:20220416070921j:plain

息子が小学4年生になり、投資を始めることになりました。

私が子供時代には投資のことなんて、全く聞いたこともありませんでした。

今は高校生になると投資教育なんかがあるようです。

これからは日本でも投資というものがもっと身近になってくるんでしょうね。

我が家では一足先に投資教育の一環として、実際に投資を始めていきます。

未成年口座を開設

投資を始めるにはまず証券口座を開設する必要があります。

楽天証券にしようかSBI証券にしようか迷いましたが、ネットだけで開設処理が完結する楽天証券で口座を開設することにしました。

 

口座も一般的な口座ではなく未成年口座というもので、ざっくり以下のような特徴があります。

  1. 15歳までは親が取引を行う
  2. 15歳以上は子も取引ができる
  3. 18歳になると子の財産になる

こんな感じです。

f:id:kuwanyan:20220416090925p:plain

楽天証券より引用

特に「3. 18歳になると子の財産になる」は、18歳になった時点で成年口座へと移管し、親はログインができなくなるようです。

 

親元を巣立つ子を見るようで、想像するだけでちょっと寂しい気持ちがしますね。

あと9年後の話で、そんなに遠くない未来のような気がします。。

投資で投資教育

未成年口座の開設が完了したので、これから毎月1万円ずつ積立投資を行なっていきます。

投資銘柄は「eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)」にします。

f:id:kuwanyan:20220416075002p:plain

オールカントリー投資対象

全世界へ投資を行い、せっせとお金に働いてもらいましょう。

 

で、子供の時から投資をする目的は、家庭内での投資教育です。

生きていく上でお金は非常に大切なものです。

それを実際に投資を行なって肌身で感じながらお金との付き合い方を学んでほしいという親心からきています。

 

ただまだ小学4年生なので、まだまだ子供です。

難しい話をしても理解できないので、まずは実際に投資をしてみて、資産の変動を見ながら一緒に学ぶスタイルでいこうと思います。

 

今子供たちはiPadを小学校から支給されていますが、iPadを使うにしても初めに難しい説明書を見るわけでもなく、なんとなく使い始めて今では親も驚く速さで画面上に指を滑らせてiPadを使い倒せるようになっています。

スマホネイティブ恐るべし。

 

というわけで息子は投資に関しても投資ネイティブに育っていく予定です。

投資ネイティブがどう育つか私には分かりません。

ただなんとなく面白いことにはなりそうです。

父から息子へ2,637万円の贈り物

さて毎月1万円の積立投資、18歳になる頃には7%複利だと想定すると154万円になります。

f:id:kuwanyan:20220416075914p:plain

これだけだと大したことはないですね。

一応18歳になって成人口座へと移管する時に、父から息子へのアドバイスとしては

「これまで投資した分は、とりあえずそのままにしといて」

と伝えるつもりです。

 

ではこの154万円を追加投資なしでそのまま投資継続(7%複利)した場合、以下のようになります。

f:id:kuwanyan:20220416080238p:plain

60歳時点で2,637万円です。

これが父から息子への贈り物。

2000万円問題も難なくクリア。

恐るべし複利の力。

 

さて、投資ネイティブが何を感じるかは分かりませんが、複利の威力を感じて、

「これ追加で投資したらもっと凄いんじゃね?」

と、気づいてしまったら!?

 

というわけで、18歳時点の元手154万円に毎月2万円追加で投資することを考えてみましょう。

f:id:kuwanyan:20220416080757p:plain

あらま、1億円の壁が見えてきました。

 

複利の力はすごいね。

70の法則(70÷年利=投資金額が2倍になる期間)で考えてみると年利7%の場合は、

  • 10年で2倍(70/7=10年)
  • 20年で4倍
  • 30年で8倍
  • 40年で16倍

となります。

18歳なら60歳になるまで40年以上あります。

複利の威力をMAXで感じられる投資ネイティブ。

羨ましい。

 

投資に興味を持つか持たないかは子供に任せますが、この選択肢が与えられるだけでも「いいなぁ」と思います。

 

私が子供に与える金額としては9年間で

  • 12万円×9年=108万円

しかありませんが、この108万円は2,637万円の種であり、1億円の種になる可能性もあります。

 

というわけでこれからは投資ネイティブの成長を見守りながら、自分自身も息子からいろいろと学んでいこうと思います。

 

じゃ。

 

資産運用についてHP風にまとめてます→くわにゃんの長期資産運用

kuwanyan.com

 

新入社員の時に知りたかったお金のこと

f:id:kuwanyan:20220409085559j:plain

春ですね。

新入社員が入ってくる季節です。

 

新入社員のころは給料をもらえるのが嬉しく、ほとんど友達や同期と飲んだり遊んだりするのにお金を使っていたことを思い出します。

 

今は投資を始めてだいぶ年数が経ち、お金の特徴も大体わかってきました。

今回は自分が新入社員の時に知っていたら良かったなと思うお金に関することについて書きたいと思います。

新入社員の時に知りたかったお金のこと

投資をしているとあれこれとたくさん言いたくなりますが、今回は2点に的を絞って書きたいと思います。

  1. 毎月の収入の一部を真っ先に別口座に入れる
  2. 別口座に貯まったお金を投資する

毎月の収入の一部を真っ先に別口座に入れる

1つ目の毎月の収入を別口座に入れるというのは、給料が入ったら一定額を別口座に移すというものです。

 

毎月余った金額ではなく、使う前にまず別口座に貯金するというのがポイントですね。

なかなか同じ口座に置いておくと、かなり強力な意志力がない限りは甘い誘惑に誘われて使ってしまいますからね。

私の新入社員のころはほとんど使い切っていました。

 

なので、自分の意志力とは関係ない形で、先に別口座にうつしてしまうのが良いかと思います。

別口座に貯まったお金を投資する

2つめは、貯まった資金を投資するというもの。

投資には債券投資、不動産投資、株式投資、FXなどいろいろありますが、やはりおすすめはインデックスファンドへの積み立て投資ですね。

何も考えなくてよくて、利益率も十分。

 

新入社員がどれぐらい貯金しているのかを調べてみました。

以下は2020年春にソニー生命が行ったアンケート結果です。

f:id:kuwanyan:20220409091805j:plain

ソニー生命のデータを引用

上のグラフには新入社員の平均貯蓄額が年間45万円、下のグラフには30歳時点の目標貯蓄額が614万円とあります。

これを見ると大体毎月4万円ぐらいであれば貯金ができそうだという実態が見て取れます。

 

年齢が上がるにつれてキャリアが積み上がっていき給料もUPしていくことを考えると、毎月4万円以上はなんとかなりそうです。

 

で、毎月4万円を積立投資した場合の複利による資産増加を見てみます。

年利はまぁまぁの5%とちょっと高めの8%の2パターンで計算してみます。

f:id:kuwanyan:20220409092223p:plain

節目ごとの金額をまとめてみます。

年利 5% 8%
30歳 556万 647万
40歳 1,539万 2,149万
50歳 3,141万 5,390万
60歳 5,750万 1億2,387万

40歳時点を見てみると、毎月4万円積み立てただけで1,500〜2,100万円も貯まります。

こんなにもあればお金に関しては申し分ないですね。

そのまま積み立て投資を続けると60歳時点では、なんと1億円を超えるまでに成長します。

複利の効果恐るべし。

 

さっきのグラフで複利の効果を再度確認してみます。

年利8%の場合を見ると22〜40歳までの約20年間で約2,000万円、その後40〜60歳までの20年間では1億円(初めの5倍)も増えます。

f:id:kuwanyan:20220409094758j:plain

改めて複利の効果恐るべし。

まったく同じことをしているだけなのに、後半のほうが圧倒的に資産が増加するのが分かります。

 

 

この人類最大の発明と言われる複利の効果を得るために重要なのは、時間です。

そして新入社員が最大限に持っているもの、それも時間です。

さらにこの時間の効果を得るためには、積立投資以外は何もしないというのも超重要な戦略だと思います。

kuwanyan.com

投資に関してはいろいろと回り道をしてきた私ですが、上記2点を理解し、実行していると今頃はもっと資産が大きくなっていたことでしょう。

 

それにしても毎月4万円の積立投資で60歳時点で1億円になる可能性があるってすごいことですね。

 

じゃ。

 

資産運用についてHP風にまとめてます→くわにゃんの長期資産運用

kuwanyan.com

 

楽天ポイントが4月から大幅に改悪された件で影響を確認してみる

f:id:kuwanyan:20220403104614j:plain

楽天経済圏の住民にとって大きな衝撃となるニュースが飛び込んできました。

4月以降の楽天ポイント大幅改悪です。

 

今回の改悪は楽天証券に関するものが多く、私にとっても結構なダメージがありそうです。

今回の記事はその辺をまとめてレポートにします。

4月以降の楽天ポイント改悪

そもそも楽天経済圏の住民にとって楽天ポイントの改悪なんて、頻繁に起きるので慣れっこです。

個人的にこれまで一番衝撃が大きかったのは、2021年4月〜楽天ゴールドカード保有で+2%がなくなったやつです。

年会費2200円払うだけで、その5倍以上は恩恵を受けていたため衝撃具合は大きく、すぐに楽天ゴールドカードを解約しました。

 

それ以降は個人的に改悪の影響を受けていませんでした。

ところが今回久しぶりに大きな衝撃が起こってます。

2022年4月以降の個人的に影響のある改悪をまとめると以下の通りです。

  1. 楽天ポイント進呈対象が「税込」から「税抜」へ(4月〜)
  2. 500ポイント以上のポイント投資で+1%が変更(4月〜)
  3. 投資信託残高に対するポイント変更(4月〜)
  4. 投資信託購入時に50000円を上限として1%付与を変更(9月〜)

これ以外にも私には影響がありませんでしたが、公共料金、楽天保険へのポイント減もあるようです。

1.500ポイント以上のポイント投資で+1%が変更

これは一見大したことなさそうでした。

税抜100円の買い物に対して11ポイントついていたものが10ポイントになるので10%の減です。

これだと大したことなさそうですね。

ところが上記の例は1%付与の場合ですが、私はお買い物マラソンをやるときは15%ぐらいポイントバックになるため、例えば50,000円のお買い物の場合は、

  • 5000円(税金)×15%=750円

分の影響になるようです。

年間5回ぐらいはやってそうなので、年間で4000ポイントぐらいの影響です。

2.500ポイント以上のポイント投資で+1%が変更

一応下記条件を満たせばなんとなく同じになるようです。

  • 当月合計30,000円以上のポイント投資(投資信託)でポイント+0.5%

  • 当月合計30,000円以上のポイント投資(米国株式)でポイント+0.5%

30,000円以上のポイント投資って、、、

と思っていたところ上記に1ポイントでも含めれば良いとのこと。

f:id:kuwanyan:20220403111850p:plain

楽天証券HPより

投資信託についてはつみたてNisaで毎月33,333円投資しているのでクリア。

米国株式についてもQQQへ毎月30,000円以上投資しているので、クリア。と思いきや、積立投資と買付手数料無料銘柄(QQQは該当)は含まないとのこと。

なので、個人的には+1%→+0.5%に変更です。

3.投資信託残高に対するポイント変更

投資信託残高に対してポイントがもらえるのは正直知りませんでした。

楽天証券で投資している投資信託に対して毎年2000円ぐらいポイントをもらっていたようです。

知らなかったので精神的ダメージはあまりありませんでしたが、年間で2000ポイント減ですね。

4.投資信託購入時に50000円を上限として1%付与を変更

この変更では、毎月500円分のポイントがなくなります。

年間で6000円ですね。

9月以降はクレカ決済の場合は0.2%はもらえ、楽天ペイで購入すると0.5%はもらえるようです。

が、めんどくさそうなのでやらないかな。

 

1〜4をまとめると年間15,000ポイントぐらい減る感じでしょうか。

そこそこの金額ですね。

楽天ポイントの改悪に至った理由

それにしても昨年の楽天カードの改悪から始まり、改悪ラッシュが続いています。

楽天ポイントでいろんなサービスに顧客を惹きつけていただけに、離れていく人も多くなりそうですね。

 

最近これだけ改悪ラッシュに至った背景としては、モバイル事業への巨額の出費だと言われています。

決算をのぞいてみました。

モバイル事業の状況です↓

f:id:kuwanyan:20220403113035p:plain

モバイルセグメントの決算※楽天決算資料より

やはりモバイルセグメント単体では大赤字です。

 

次は全体です↓

f:id:kuwanyan:20220403113200p:plain

楽天営業利益※楽天決算資料より

楽天市場のECや楽天証券を含むフィンテック事業は好調ですが、それらの利益をモバイルセグメントが吐き出す形で全体としては大きな営業損失となっています。

 

ポイントを放出している場合じゃないのかもしれませんね。

まとめ

個人的に楽天証券の口座は資産分散のために使用していたので、今回の変更によって他の証券口座へ移管しようと思うほどではありませんが、痛手ではあります。

 

楽天の懐事情を考えると仕方のないことのようにも思えます。

いずれにしても、これからも楽天の改悪には付き合っていく必要がありそうですね。

 

じゃ。

 

資産運用についてHP風にまとめてます→くわにゃんの長期資産運用

kuwanyan.com

 

円安が急加速!投資資産はどうなった?

f:id:kuwanyan:20220326091850p:plain

急速に円安が進んでいます。

原因はいろいろありますが、通常であれば今のウクライナのような状況になれば安全資産である「有事の円買い」となり、円高が進むのがこれまでの流れでした。

 

でも今は急激な円安となっています。

今回の記事では円安になった要因と投資資産が昨年末からどう変化したのか確認してみます。

円安になった要因

さて今回の円安の要因をざっと調べてみました。

  1. 米国の利上げが加速する可能性
  2. 日本は金融緩和を継続する意向
  3. 日本の貿易赤字拡大

1については米国FRBのパウエルさんが3/21の講演でインフレ対応のため予想されていた0.25%の利上げから、0.5%利上げする可能性をチラつかせたから。

2については日銀の黒田さんが3/18に利上げはしない意向をみせたから。

 

これらについてはアメリカがドルの供給を絞る一方、日本は円の供給を拡大させるため、ドルの価値↑/円の価値↓となるためドル高/円安という流れは分かりやすいですね。

 

あと3の貿易赤字拡大は、エネルギー価格の上昇が原因です。

原油価格のチャートを掲載します。

f:id:kuwanyan:20220326094109p:plain

WTI原油チャート※Chartparkより

日本のエネルギーは完全に海外に依存しているため、原油価格が上がると貿易赤字もすぐに拡大します。

日本の貿易収支を見てみると上記チャートの原油が高かった2012〜2014年ぐらいの貿易収支が赤字になっています。

f:id:kuwanyan:20220326094731p:plain

貿易収支※世界経済のネタ帳より

っちゅうわけで、円安が加速しています。

f:id:kuwanyan:20220326095346p:plain

ドル円チャート(5年間)※investing.com

直近5年間のチャートをみると急激な上昇具合が分かります。

もっと長期で見てみましょう。

f:id:kuwanyan:20220326095059p:plain

ドル円チャート(50年)※investing.com

超長期チャートで見ると最近のレンジ上限ぐらいまで来ています。

上限を飛び抜けると真空地帯に突入し、どこまで上昇するか分かりませんね。

投資資産の変動をチェック

さて円安が進んだところで、一般の人にとってはすぐに生活に影響するわけではありません。

しかし、投資している人にとっては瞬時に影響が出てきます。

例えば最近流行りの米国株なんかに投資している人にとっては影響が大きいですね。

 

ただ今起きている円安は投資資産だけを考えると日本人にとってはプラスに働きます。

米国株に投資するということはドルを買っているということで、円安ということはドルの価値が上がっているからです。

 

文章にするとこんな感じですが、もう少し踏み込んで考えてみます。

私は米国株全体に投資するVTIを米ドルで買っています。

昨年末からのドル円とVTIの値動きを確認します。

  2021年末 2022/3/25 増減
ドル円 115円/$ 122円/$ +6.06%
VTI $241.44 $228.09 -5.53%

昨年末と比較するとドル円の価値は6%上昇し、VTIの価値は5.5%下落しました。

ということは行って来いでプラスマイナスゼロということです。

 

今年に入って株が暴落とか騒がれていますが、昨今の株価回復と円安の効果で結局プラスマイナスゼロとなっています。

個人的には株が下がると追加で投資するので、どっちでも良かったわけですが。

 

おそらくVTIに直接ETFで投資する人は少ないと思われるので、投資信託でVTIに投資できる楽天VTIの価格推移と比較してみます。

さっきのドル円とVTIの価格を掛け合わせて円に換算して、楽天VTIと比較してみます。

  2021年末 2022/3/25 増減
ドル円 115円/$ 122円/$ +6.06%
VTI $241 $228 -5.53%
VTI×ドル円 ¥27,792 ¥27,848 +0.20%
楽天VTI ¥20,094 ¥20,005 -0.44%

VTI×ドル円をみるとちょっぴりプラスになっています。

この違いは経費率の違いでしょうか、いずれにしても誤差程度です。

 

楽天VTIをチャートでみてみます。

f:id:kuwanyan:20220326101416p:plain

楽天VTIチャート※楽天証券より

やっぱり昨年末と比較してプラスマイナスゼロとなってました。

あまりチャートや価格を見ていないので、勝手なイメージで下落していると思い込んでいました。

まとめ

円安効果を確認してみました。

外資産に投資している人にとっては投資資産全体にかかってくるので、影響の大きい事柄ですね。

 

今回は円安なので投資資産的にはいい方向ですが、円高×株価下落となるとダブルパンチでやばいことになります。

リーマンショックの時がそうでした。

 

日本の今後の状況を考えると個人的には緩やかな円安方向になると見込んでいます(あくまで個人的意見)。

円安か円高に向かうかは分かりませんが、持っている資産が大きくなればなるほど、資産をいくつかの通貨に分散させるが重要になるのは間違いなさそうです。

 

じゃ。

 

資産運用についてHP風にまとめてます→くわにゃんの長期資産運用

kuwanyan.com

 

息子がコロナになり1週間テレワークしてみた感想

f:id:kuwanyan:20220319073308j:plain

満員電車に乗らなくてよく、通勤時間がゼロになり、職場での無駄なストレスもないテレワーク。

めちゃくちゃ憧れていました。

 

私の会社はテレワークとは無縁な仕事環境のため完全に諦めていましたが、突然その機会が訪れました。

 

タイトルに書いたように息子の体調が先週の金曜の夜から突然悪くなり、翌朝病院に連れていくと、まさかのコロナウィルス陽性。

自分の家族は大丈夫だとなんとなく思っていただけに、びっくりしました。

案外あっけなくなるもんです。

 

結局息子の熱は翌日の日曜日には下がり、咳が出ることもほとんどなく、月曜日にはケロッとしていました。

 

我々家族は特に体調に変化はなかったものの、濃厚接触者なので問答無用で1週間の自宅待機となり、計らずとも憧れのテレワークをすることになりました。

f:id:kuwanyan:20220319084540p:plain

会社で支給されているノートPCは持ち歩いていたので、家からでも社内のシステムや共有フォルダにアクセスが出来たので、仕事の環境としてはサブモニターが無いぐらいで全く問題ありませんでした。

また仕事の内容や進捗も自分で管理する立場にあるのでその辺も問題なし。

 

以下1週間テレワークをして感じたメリデメです。

【メリット】

  • 通勤時間がなく、通勤に関するストレスがない
  • 無駄に話しかけられることがなく仕事に集中できる
  • 家族といる時間が増える

【デメリット】

  • ちょっとした仕事の相談がしづらい
  • 仕事とプライベートの境界が無くなる
  • 運動しなくなる

憧れのテレワークでしたが、個人的には職場に行って働いた方が向いているような気がしました。

慣れればテレワークの方がいいのかもしれませんが。

 

また濃厚接触者で外出を自粛していた面もありますが、テレワークだと運動しなくなりますね。

通勤があると歩いたり階段に登ったりなんだかんだ言って毎日60分以上軽い運動をしていることになっていますが、テレワークだと意識的に運動をしないと運動をする機会がなくなってしまいます。

 

また通勤して職場に着くと意識が仕事モードに自然と変わりますが、テレワークだとなんとなく気合が入らない感じがありました。

 

なので家でもYシャツとスーツパンツ、そして謎に腕時計もつけて仕事をしていました。

すると嫁さんとは

嫁「なんでかっちりした格好してんの、shouwaなの?」

俺「なんとなく気合が入らなくて。てかshouwaだし、残念ながらあんたもshouwaだよ」

という昭和トークを繰り広げることに。

 

さらに、コロナ対策で窓を開けていると肌寒く、普段着ないジャケットを羽織っていると

嫁「だから、shouwaなの??」

俺「だからshouwaだっつーの」

と。

f:id:kuwanyan:20220319084837p:plain

またテレワークをしていて強く感じたのは、ジョブ型の評価にしないとフェアじゃ無いなということです。

テレワークだと直接仕事をしている状況を見られるわけでは無いので、やる人はやるし、サボろうと思えばサボれます。

なのでテレワークならジョブ型の評価にして、仕事をやった時間に関係なく仕事のアウトプット量での評価が必須だと感じました。

 

あれこれと書きましたが、とりあえずテレワークがどんな感じなのか体験できたのは良い経験となりました。

個人的には通勤電車に乗って朝は徐々に仕事モードに切り替え、夜は帰りながら仕事モードからプライベートモードにゆるやかに切り替えるのが合っている気がしました。

昭和ですね。

 

さて昭和な私は来週も満員電車に乗って職場へと向かいます。

 

じゃ。

 

資産運用についてHP風にまとめてます→くわにゃんの長期資産運用

kuwanyan.com